Kibo RTI CXP
すべてのデータを収集することは、ほんの始まりにすぎません。

顧客にとってシームレスな体験を届けるためには、スマートでリアルタイムなデータが必要になります。Kibo RTIカスタマーエクスペリエンスプロファイル(CXP)は、あらゆる接点やデバイスを通じて収集された顧客体験データを統合するリアルタイムなデータベースです。CXPが行うのは、リアルタイムなデータをストックしておくだけにとどまりません。Kibo RTIが特許を持つ機械学習エンジンにより、顧客の好みを明らかにし、データを使用可能なアウトプットに変換します。これにより、パーソナルな顧客体験を提供することができます。

セッションの横断

ユーザーがあなたのサイトやアプリを利用する際には、ユーザーにとってパーソナルな体験を提供することが大切です。Kibo RTI CXPは、ユーザーの閲覧履歴や購買履歴、興味・関心に関する情報を収集し、サイトやアプリを利用する際に、ユーザーがもっとも興味を持ちそうなコンテンツやプロモーション、商品を強調することができます。

デバイスの横断

ユーザーがPC、スマートフォン、タブレットを使っていても、Kibo RTI CXPはすべてのデバイスでのデータを集め、統合しています。統合されたユーザーのデータは、あらゆるデバイスを通じたシームレスでパーソナルな経験を提供するために活用されます。

タッチポイントの横断

Kibo RTIはリアルタイムでオンラインの情報をチェックし、実店舗での購入やCRMデータといったオフラインデータと結びつけることができます。これにより、Webサイト、アプリ、店舗、コールセンターを含むあらゆるタッチポイントを通じたシームレスでパーソナルな顧客体験を提供することが可能になります。。

The Kibo RTI CXP – 速度とフィード

Kibo RTIカスタマーエクスペリエンスプロファイルは、デバイスを横断してデータを集め、オンラインとオフラインのデータを統合し、顧客一人ひとりのシームレスなプロフィールを作成します。顧客ごとのデータ統合は、リアルタイムなデータ収集と強力なデータ統合ツールにより、簡単に行うことができます。CRMや受注管理システムなどオフラインデータからもデータを取り込み、整理を行うことができます。

 

デバイスを横断して、顧客体験プロファイルを作り上げます。

Kibo RTIは、共通識別子により、セッションやデバイスを統合することによってそれぞれの顧客のためのシームレスなプロファイルを作成します。Kibo RTIは顧客の持つそれぞれのデバイスごとに、ユニークIDを付与します。ユニークIDは、Eメールアドレスや顧客IDのようなオリジナルなIDを使って、最終的に顧客ごとに統一されます。

 

Kibo RTIの機械学習とデータサイエンス

いくらデータを集めたとしても、活用できるようにしないと意味がありません。ユニークな機械学習エンジンと特許取得のアルゴリズムを使って、Kibo RTIはどのようなコンテンツやオファー、商品がその瞬間の顧客にとって興味がありそうかを見つけます。このリアルタイムな情報で、顧客の経験は形作られ、コンバージョンを増やし、平均購入単価を増やし、ロイヤリティを増加させます。

製品デモをリクエストする

VUEの使い心地を体感してみてください

この美しいセルフサービス・インターフェースは、30以上のマーチャンダイザーのフィードバックを生かしてデザインされています。ぜひ製品デモに参加して、VUEをその目で見てください。以下のフォームに記入してください。私たちが後ほど詳細をご案内いたします。